派遣生活

30代で派遣社員になるメリット.デメリット

time 2020/06/15

30代で派遣社員になるメリット.デメリット

sponsored link

30代で派遣社員を選ぶメリット

30代で派遣社員を選ぶメリットは、まず責任があまり多くないことです。

社員と比べた場合には、仕事に対する責任が軽いため精神的なプレッシャーを感じにくいことがあります。

特に、以前社員をしていて精神的に病んでしまった場合やうつ病になった経験がある場合には、プレッシャーの少ない派遣社員は大きなメリットになりえます。ちなみに派遣社員が行う仕事は、そこまで重要な仕事ではなく、例えば流れ作業の梱包作業やテレアポで電話を受ける作業などがこれに該当します。

次に、正社員と異なり行事などに参加しなくて良いことです。

正社員の場合は、例えば地域で行われるお祭りなどに駆り出されることがあります。

お金をもらっているならばまだ良いですが、無給でお祭りの屋台等を担当しなければならないことがあり、自分の時間が取れなくなる可能性があります。

しかし、派遣社員の場合はそのような負担が少ないことから無給で働くようなこともなく、充分自分の時間を確保することが可能です。

30代で派遣社員を選ぶデメリットは、世間体はあまり良くないことです

人によっては、正社員になる実力がなかったので仕方なく派遣社員をしているに違いないなどと思われることもあるかもしれません。

また、男性の場合には、結婚をするときに派遣社員の立場だと結婚相手に選ばれない可能性も出てくるでしょう。

2つ目のデメリットは、収入があまり高くないことです。

30代でも、会社員をしていれば家族を養っていく位のお金を稼ぐことが可能ですが、派遣社員の場合だと300万円に届かないこともよくあります。

自動車を購入して維持するのも難しく、そこまで生活に余裕がないため旅行にもなかなか行けない可能性があります。

3つ目のデメリットは、長く仕事をやっていても十分なスキルがつかない可能性があることです。

会社によっては、数ヶ月おきに移動しなければならないことがあり、1つのスキルを身に付けるのには向いていません。そのため、年齢を重ねても人より抜きん出た経験や技術を身につける事は少ないです。

30代の派遣社員の男性は、増加している傾向にあります。

世の中の派遣の3人に1人から4人に1人は30代と言われているほどです。派遣社員が増えた理由は、就職氷河期に就職をしたことや、時代の流れが正社員よりも派遣社員の方がなりやすかったなどの理由があります。

また、いずれは社員に登用されると言われ続けながら、30代になってもなかなか登用されずそのまま派遣をやっているようなパターンもあるでしょう。

結婚をしにくいと言われている派遣ですが、その理由は安定していないからとも言われています。

ただ最近は、複数の仕事をしている人が増えてきているのが特徴です。

30代男性でも、副業をしておりそれなりの収入がある人もいるでしょう。このように、副業ができるのは、会社が決めた副業禁止規定が存在しないからです。

正社員の場合は、会社の規則に縛られることになります。そのような意味において派遣は、決められた時間さえ働けばそれ以外の時間で別の仕事をしていても自由です。

 

今まで正社員をしていた人が、ある日派遣社員になることもあります。

同じ会社に勤務しながら途中から派遣社員になる例もあれば、正社員を続けていた会社を退職し、その後新しい転職先で派遣社員になるパターンも考えられます。

わざわざこのように立場を変える理由は、例えば社員として仕事をしていたときに、体を壊してしまったなどの理由があるからです。

働いているときに、ノルマをこなそうと必死に働き身体を壊してしまった人もいるかもしれません

そのような人は、仕事の負担を少なくするためにあえて派遣の立場で働くこともあります。

表面上はほとんど変わりがないため、立場が変わったことを言わなければ周りに気づかれないかもしれません。

また、正社員だと副業ができないこともあり副業するためにわざわざ派遣社員になる人もいます。派遣は比較的自由な時間が多いため、副業をするのに向いています。

もし将来副業を本業にして生活していこうとする場合には、このパターンを選ぶことで目標を達成できる可能性が高まるでしょう。

30代派遣社員になった場合、自分の将来がどのようになるか気になるところです。

最近は、長年派遣社員の立場で1つの会社に勤務している場合、3年以上経過したならばその会社で雇わなければいけないことになっています。

そのため、運がよければ3年間1つの会社で働いた後、正社員になることも可能です。

少なくとも、正社員ならば派遣社員よりは将来的に安定していると言えるでしょう。ただ、会社に所属することになったとしてもパートとして所属する場合もあるため注意が必要です。

30代派遣社員は、必ずしも将来性がないわけではなく余っている時間を利用して自分の能力を磨くことで派遣社員だったときの何倍も稼ぐことも可能です。

例えば、副業に毎日時間を使い続けることで、それまでと比べても収入を何倍にもすることが可能になり、結果的に会社を立ち上げるほどの実力になることもあります。もちろんそのためには、惜しみなく時間を使うことが必要で、しかも長期的な計画を立てて行わなければいけません。

sponsored link

down

コメントする




デリバリー

自動車製造

試験監督

販売 接客

飲食関係

最近のコメント



sponsored link


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。