派遣生活

アパレル業界での転職について

time 2020/04/21

アパレル業界での転職について

 

sponsored link

アパレル転職 メンズ

洋服やアクセサリーなどファッションが楽しくなる製品を取り扱いし販売しているアパレル業界は男性も多く活躍しており、男性ならではの視点によってより一層有効的にアプローチできる事柄も多い様子から、活躍している人材や募集が多くあります。

男性がアパレル業界に転職する時には、製品やブランドの理念などに心が惹かれた企業に転職するのも良いですが、長期的に業界で活躍し続けていきたいと考えているのなら現場はもちろん企業全体を視野に入れてキャリアアップについても考えていくとより良いです。

そのため、現場で販売員や店長として活躍していく様子と共にオフィスの中で生産管理に関する事を考えたり、新たなる製品やキャンペーンなどの企画を練るといった働き方についても考えていきましょう。

アパレル転職 給料

アパレル店員の給料は1ヶ月間あたりの手取り額が16万円が相場となっていますが、アパレル業界はインセンティブが加えられて給料が支払われるという特徴があるので、売上の成績が良好であった月には基本給よりも多くの金額が受け取れます。

インセンティブというのは、立てた売上目標が達成された様子に応じてボーナスが基本給に追加される仕組みの事を指します。

売上目標と耳にした場合目標を下回った場合には給料が減額されるように感じられるものの、下回ったとしても減額される事は無く安心かつ安定的に働きやすい環境が整っています。

また、1ヶ月あたり16万円という給料にはインセンティブの他に残業代も付くので、残業代も思慮した場合の年収は250万円となります。

 

アパレル 転職 40代について

40代でアパレル業界に転職する場合は現場にてお客様と接して販売をする事例もあるものの、多いのは営業活動や展示会などに参加するといった業務内容に従事する事です。

そのため、40代でアパレル業界に転職する時には顧客が有している課題を正確かつ迅速に聞き出して課題を解決させるヒアリング能力が重視されます。

また、アイディアを活用して製品の提案を行う時には市場やユーザーに求められている物を提案する必要があるので、現在の市場の動向を知るマーケティングの能力も求められます。

さらに、展示会ではバイヤーや他の企業の方々と多くコミュニケーションを取って製品の紹介をしたり、新たなる販路を拡大する事になるためコミュニケーション能力も大事です。

 

アパレル 転職 30代は

30代は社会人として既に長い年月を過ごしている上にフレッシュで若々しい雰囲気があるという特徴から、アパレル業界では販売の現場である店舗とオフィス業務のどちらにも通用します。

また、これまでにアルバイトも含めてアパレル業界で働いた経験が無くても、接客業に従事してきた経験があったり営業活動をしてきた経験があるのなら即戦力として起用され重宝されます。

30代は若年層とシニア層の中間に位置している年代という事もあり幅広い年齢層に対応できますが、転職をしてますます活躍していきたいのなら転職を希望しているブランドを好む年齢層を意識して見ていくと良いです。

若年層向けはもちろんですが、同年代や少し上の年代を意識した製品が多いブランドであれば長期的に快適に働きやすいです。

sponsored link

down

コメントする




デリバリー

自動車製造

試験監督

販売 接客

飲食関係

最近のコメント

    

    sponsored link


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。