派遣生活

ホットスポット前払い制度の利用方法について

time 2019/06/13

ホットスポット前払い制度の利用方法について

sponsored link

ホットスポットが提供する前払い制度の利用規定では、前払いを行う目的やそれぞれの用語の定義などが定められています。

またスタッフが制度を利用したときに、どのような契約が成立したことになるのかについても定められているので機会があれば目を通しておくのが良い方法です。

申し込みを受け付けるタイミングや反映されるタイミングについても取り決められていて前倒しで支払う申請を受け付けるシステムは、この利用規定で定めた内容に応じて仕様が決まっている訳です。

スタッフが前払いシステムから解約した場合の個人情報などが、どのように取り扱われることになるのかも定められています。

このように、非常に重要な取り決めが定められているのがホットスポットの前払い制度の利用規定です。

ホットスポットの前払い制度に登録する方法は派遣や請負の仕事の場合と紹介予定派遣の仕事の場合で違ってきます。

派遣や請負の仕事の場合はホットスポットのマイページから登録情報確認の画面に移動して、前払い制度を利用すると掲載されている部分にあるチェックボックスをチェックすると申し込むことが可能です。

紹介予定派遣の仕事の場合はホットスポットのマイページから申請と連絡の画面に移動し、更に前払いを申し込む画面に移動し企業名を検索し該当する企業を選択することによって申し込めます。

この操作は、仕事をした当日までに行うことが必要です。

クライアントの中には前払いシステムを利用して登録すること出来ない場合があります。その場合は就業先で前払いを申請する書類を記入することが必要です。

ホットスポットの前払い制度の最少限度額は、1000円になります。

ですので1000円より少ない金額では、前倒しで受け取ることは出来ません。

その一方でホットスポットの前払い制度の最高限度額は、特に定められていないのです。

考えられるのは給料支給日の前日に、すでに勤務した時間に時給を掛け合わせて源泉所得税や雇用保険料、社会保険料や振込手数料を差し引いた金額が前倒しで支払うことが出来る最大の金額と言うことになります。

ただし前倒しで支払われる金額は1000円単位となっているので、百円以下の単位の端数は切り捨てられることになるため注意が必要です。

支払ってもらった、お金は近くのATMや銀行の窓口などを利用して引き出すことが出来ます。

 

ホットスポット前払い注意事項

ホットスポットが提供する前払い制度は派遣や請負の仕事の場合はバスやモノレール、タクシーなどといった交通費の手当金や備品を購入したときに発生する経費を精算する費用についても、前倒しでの支払いの対象に含まれているので非常に便利です。

他にも有給休暇や休業手当、遅刻や早退が発生した場合の実績労働時間分の賃金に関しても前倒しでの支払いの対象になっています。

しかし紹介予定派遣の仕事の場合は、交通費など派遣や請負の仕事の場合は前倒しでの支払いに含まれていた諸費用が対象にならないので注意が必要です。

また紹介予定派遣の仕事の場合は派遣や請負の仕事と比較すると、前払いシステムに反映されるタイミングが遅くなる場合があるので、このことにも注意する必要があります。

sponsored link

down

コメントする




デリバリー

自動車製造

試験監督

販売 接客

飲食関係

最近のコメント

    

    sponsored link


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。