派遣生活

日総工産前払い制度のやり方

time 2018/11/16

日総工産前払い制度のやり方

sponsored link

日総工産では給料の仮払い、前払い制度があり、毎月の給料日の前になにがなんでもお金を工面したいという場合に受け取ることができる制度です。

この制度をフレックスチャージと呼んでおり、多くの労働者がこれを利用している状況です。フレックスチャージの特徴ですが、まず働いた分に関しては給料日になる前に受け取ることができる点です。

月末締めで翌月の15日に支払うのが基本的なルールであり、今月働いたものは来月15日に支払われるようなイメージで大丈夫です。

フレックスチャージではこの一部を翌月の頭やその月の中で手にすることができます。

申請方法はスマートフォンやパソコンからでも行えます。実際に利用する際には登録が必要であり、事前に登録を済ませておけばすぐに給料を手にできます。

申請を行って最短でも翌営業日には前借りできることからも利用しない手はありません。

実際に前払いがなされる金額というのは自由に決められるものではなく、その人の勤務状況などで大きく変わります。

信頼されている人はそれなりのものを先に支払ってもらえますが、1日1000円という人もおり、前払い制度を利用する意味を見いだせないようなケースもあるのでその点に関しては注意が必要です。

実際に利用する場合は申請書類を管理担当者に提出し、その後、メールアドレスにURLなどが届き、暗証番号の設定などを行って申請を行います。

申請した際に指定した前払いの日に振り込まれるという流れです。

注意したいのは登録することで管理手数料が毎月200円程度発生するほか、手数料が別途かかるというものです。

通常の給料の振込では手数料を自分で負担するということはありませんが、この場合には毎月の手数料が結構かかることになるので、頻繁に利用することは避けた方が良さそうです。細かな手数料ではありますが、1年でそれなりになります。

1万円を前払いで手にするまでに手数料だけで数百円はかかる計算です。

これを消費者金融で工面すればそこまでにはならないという見方もできます。こうした見方がチラつく人にはおすすめできません。

しかし、数百円程度の手数料はどうでもよく、給料日前にお金を手にでき、自分のタイミングで使いたいという人にとっては日総工産のこれは最高のシステムです。手数料に関しても前払いの額面によっては振込手数料を抑えられるケースもあることから、どのようにこの制度を活用していくか、利用できる額面をいかに増やすかが求められます。

sponsored link

down

コメントする




デリバリー

自動車製造

試験監督

販売 接客

飲食関係

最近のコメント

    

    sponsored link


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。