派遣生活

Uberのデリバリーの仕事

time 2018/02/22

Uberのデリバリーの仕事

sponsored link

Uberは、アメリカ発祥の自動車配車ウェブサイトのことです。

日本ではまだ馴染みは薄いですが、アプリの方でも知名度を得て世界的に展開されています。

そしてこれを活用した副業にも注目が集まっており、配達の仕事に一石を投じているのです。

具体的には、Uberを通じて配達業の代行を行います。

特に活発なのがレストランメニューを運ぶEATSというサービスで、何の資格もなく始められるため学生でもできます。

そして基本的に給与は歩合制ですから、頑張った分だけお金になるのも特徴的な部分でしょう。

この仕事では配達した件数だけではなく、配達のために移動した距離でも給与が変わります。

また1つの注文毎に給与が発生することもあり、同じ配達先でも多くの物を届けるほど高給になったりします。

土地勘が要求されるので慣れていない土地で働くのは大変ですが、ちょっとした副収入を得たい人には絶好の手段なのです。

ちなみに、自動車免許等も必要ありません。

原付バイクの免許や、自転車にさえ乗れれば働けます。

寧ろ狭い道を行くには小回りの利く車両の方が好都合ですし、自転車が好まれる場面も多々あります。

安全運転だけは忘れずに、それでいて迅速に配達できるかがポイントです。

仕事は、Uberのアプリに登録して参加します。

専用のアプリをオンラインにしておくと通知が来るため、できるだけ早めに反応して配達元へ向かいます。

それまではひたすら待機しておくだけですが、いつ通知が来るかは分からず意外と気が抜けません。

忍耐力と集中力も、仕事を成功させるカギです。

配達完了も、アプリを通じて知らせます。
Uberからは、バッグや端末の貸し出しサポートを受けられます。

何を配達するかで必要なバッグの大きさは変わるものの、念のため常に最大級のサイズを持ち歩く人が多いです。

レストランメニューでもその他の荷物でも、大きさは多種多様ですから大変なのです。

忘れてはならないのは、適当な仕事をするとすぐバレることです。

実はUberには評価機能が備わっており、配達員個々の評価を利用者から受けます。

ただ届ければいいという考えで仕事をしてしまうと、瞬く間に評価が下がり新規の通知も来にくくなるわけです。

ハキハキとした態度や明るさも重要になりますので、実際に働き始める前に訓練しておくといいでしょう。
宅配クライシスと呼ばれる時代が到来している一方で、このようなサービスもどんどんと充実してきています。

これから更に日本でも広まっていくことが予想されるため、今から着目しておくと得かもしれません

sponsored link

down

コメントする




デリバリー

自動車製造

試験監督

販売 接客

最近のコメント

    

    sponsored link


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。